その他

大江健三郎の「性的人間」では、性のさまざまな局面が取り上げられるが、特に興味深いと思ったのが痴漢についての記述である。

この作品では、痴漢の現場が描写される。

「ある夕暮れ、Jは国電中央線の下り快速電車に乗って ...

その他

射精後の賢者タイムと倦怠感には、本当に悩ませる。これらがなくなるだけで、射精後の余韻がどれ位気持ち良いものになるだろうか。森岡正博は「感じない男」の中で、賢者タイムをうまく表現している。

「射精し終わった後は、すーっと興奮 ...