女性のオナニーの実態がわかる漫画「石見さんのGライフ」

男性のオナニーは、たいてい動画を見ながら射精するやり方がほとんどであろう。

次の動画が典型的だ。

喘ぎ声を出している女性の姿を動画で見ながら、ペニスをシコシコと無言でしごく。

「うっ」と小声で声を出して(00:12秒)、一瞬の快感を感じると、精液の排泄が始まる(00:16秒〜)。精液を絞り出すと、賢者タイムに入る。動画の女性が感じている喘ぎ声は、もはや虚しく感じられるだけで、動画をぴっと消してオナニー終了だ。

人によって違うとすれば、オナニーのネタに使う動画が性癖によって異なるぐらいだろうか。

AVをみて高まった排泄欲を、射精してスッキリするのが男のオナニーと言える。

それでは、女性のオナニーはどのようなものだろうか?

女性のオナニーの実態を知る上で参考になるのが、次の漫画だ(石見さんのGライフ)。

[田滝ききき]の石見さんのGライフ (1)

試し読みのサイトはこちら

これは、女性の漫画家の「田滝ききき」さんが、女性のオナニーのリアルをコミカルに描写している。女性がオナニーについて、クリトリスを中心とした感覚や、さまざまな道具を使ったオナニーを行う場合の感情について、赤裸々にわかりやすく、かつ、いやらしさがなく記載されている。

女性がどのようにオナニーするのかを知る上で、とても面白い。

一部抜粋すると、

〜〜〜〜〜

石見さんは、帰宅後、食事を食べたり、テレビを見ながら、左手をジャージの中に入れて、クリトリスを刺激して「ながらニー」を行う。

「このジャージがいい仕事してる。ウエストのゴムで手首が固定されて、クリトリスへの刺激が安定する。AVではパンツすら脱いでオナニーしている女性が多いけど、あれはあくまで見せるためだろうな」

「オナニータイム開始。食べながら、好きな番組を見ながら。その名も『ながらニー』。なにをするにも股間がじんわりときもちいい」

「喉を潤して、息を浅くして、お腹に力を入れて、『来る!!!』ぐっ。『ふわっ』いくううううう・・・。コーラが喉を刺激する感じと、イク時の一瞬の鋭い感覚って似てるよね」

トイレのビデをクリトリスにあてて、

「温水が優しくクリトリスを刺激して、なんというか、上質なクンニリングスだ」

シャワーをクリトリスに当てて、

「ビデより強力な水圧。股間に当てたらどうなるんだろう。うわわっ。全身に電気が走ったみたいな強烈な刺激。」

浴槽にひたって、蛇口から直接水をクリトリスに当てながら、

「溜まっていくお湯で体も温まるし、何よりもこのあられもない格好が官能的な気分を高めてくれる。あ・・いい感じに気持ちいい。」

乳首オナニーにチャレンジして、

「なぜかお腹のほうまで気持ちよくなる。キュンッ。んっ、あ いい・・。こうやって乳首オナニーで気持ちよくなることもできるんだ。」

残業で帰宅が遅くなった日に、会社近くのホテルに泊まって、

「やっぱり疲れた体にはお風呂でしょ。家のお風呂の倍以上。手足も伸ばせるし、最高!。(水流をクリトリスに当てながら)ナチュラルに『風呂ニー』を実行。」

鏡で自分の性器をみながら、

「自分のアソコを見るだなんて!自分の性器が映し出されて、背徳感で指が止まらないよ。背徳感はオナニーの最高のスパイスだなあ」

〜〜〜〜〜

女性のオナニーのリアルな様子と、感情が伝わってくる。

イラストはぜひコミックで見て欲しいが、石見さんのオナニーを動画で再現してみた。

下着の中に手をいれてオナニーする様子は、次の動画のようなオナニーであろう。この動画の女性は右利きで、右手を使っているが。

男性は、乳首が感じない場合が多いが、女性では、乳首でイクこともできる。次の動画のように、乳首の刺激で、お腹の辺りの痙攣が起こり、オーガズムに達していることが分かる。

男性は、シャワーの水圧でオナニーすることは少ないが、敏感なクリトリスを持つ女性では、水圧によるシャワーオナニーや、蛇口からの水を直接当てる『風呂ニー』は一般的なようである。

ウォッシュレットでのオナニーについては、Youtubeで女性が水の当て方について説明している。

次は、浴槽での風呂ニー。蛇口からの水圧を直接クリトリスにあてて感じる女性が多いようだ。

鏡を使ってオナニーする女性も多いようだ。背徳感に興奮する、というのは男性には少ない感情だろう。

女性のオナニーが男性と違う点は、次のような所だろう。

・女性は、オナニーしている間、ずっと快感を感じることができる。

(⇔ 男性の肉体的快感は、射精の瞬間のみ)

・女性は、動画などを見て興奮する必要なく、快感そのものを楽しむことができる。

(⇔ 男性は、体の快感は乏しく、動画を見ているときの興奮感が楽しさの中心)

・女性は、クリトリスを刺激して電気が走ったような感覚など、快感を敏感に感じることが出来る。

(⇔ ペニスの感覚は鈍感で、シャワーなど、オナニーに使える道具は少ない)

実際、

オナニーについてYoutubeで、女性は次のように話している

一人目の女性は、

「時間があいてる時はなんかきてるなー、と思って、お昼くらいから始めて、手をパンツにいれて刺激し始める。おもちゃを取り出して、ローターやら電マやら振動系が好きで、クリトリスを刺激する。DVD観たり、妄想したり、2〜3時間ぐらい暇な時はやってる。鏡の前で。バックの体勢で四つん這いになって、その姿や自分の顔を見ながら。ず〜といきっぱなしみたいな感じ。だんだん感覚が麻痺してくると、イクってなると、なんか潮が出てるなみたいな。やば、でちゃった。」

別の女性は、

「指はたまに。ローターは振動が弱いから嫌い。一番は電マ。電マも3種類もってる。サクッと行きたい時はでかい電マ。遊びたい時は、振動パターンがいっぱいあるやつを使って、長時間楽しむ。あとは、手がつかれるから、張り型(ディルドー)を床に貼り付けて、腰をふって膣に出し入れしながら、電マをクリトリスに当てるのが一番。イッた後も、腰を動き続けるのが気持ちいい。ちなみに私は妄想しかしない。」

次の動画は、二人目のオナニーに近い状況である。張り型を床に貼り付けて、電マでクリトリスを刺激している。快感に悶えて連続してイキながら、体力が尽きるか、クリトリスが麻痺するまで終わりがない女性のオナニーの様子である。

男のオナニーは、AVを見ながら無言でこすり、興奮を楽しむ時間がほとんどであろう。肉体的な快感は一瞬で終わってしまう。一方、女性の場合は、AVを見て興奮することは必須ではなく、ディルドー、電マなどさまざまな道具を使いながら、長時間にわたって快感そのものを楽しむことができる。

2~3時間、ずっとイキっぱなしになるようなオナニーができるのは、女性ならではだろう。男性は、ペニスが少し気持ちよくなると、すぐに射精が始まってしまい、その時点でオナニーは終了だ。快感は一瞬で終わってしまう。

最後に、

「石見さんのGライフ」で面白いところは、女性のオーガズムを漫画でうまく描写しているところだ。ふわっ、ドッ、びくっ、イクっなど、斬新な効果音とともに、印象的なイラストでオーガズムを表現している。

女性のオナニーの実態について知るにはぜひ読んで欲しいと思う。女性がオナニーする際の快感や感情が生活のリアル感を伴って身近に感じられる。

この漫画が、エロ本としてではなく、普通のコミックとして書店に並んでいるところに最大の価値があると思う。

女性のオナニーは、気持ちよさを感じるための日常的な営みとしてオープンに扱われるようになる。

なお、女性の妄想(おかず)については、描写がリアルになりすぎるということで、この漫画では描かれていない。性的妄想を詳細に描くほど、エロ漫画になってしまう危険があるのだろう。

「女性は、性的欲求を満たすためにオナニーする」という見方が広がれば、「オナニーする女性は性欲が高い」というレッテルが張られて、男性の性的視線の対象となってしまう。

「石見さんのGライフ」にあるように、女性は、リラックス目的のマッサージと同じように「純粋に快感のためにオナニーする」という見方は健康的だ。

男性も、AVを使ってオナニーするのは、AV中の女性に性的欲求を感じている訳ではなく、排泄欲の解消という生理現象とみなされているのだから。

コメント

  1. 山田太郎 より:

    亀頭でドライイキを目指してるのですが、どうしてもできません。
    ブログ主さんはかなり前に亀頭イキについてまとめていましたが、その通りにやっても感覚や気持ちよさなど全く分かりませんでした。
    何かコツはあるのでしょうか?
    正直本当にイけるのか半信半疑です。

  2. Viff より:

    女は体で感じて、男は興奮を楽しむ。
    ただそれだけでしょう?
    快楽の味わい方が違うだけで、得られる喜びに優劣は無い。
    いくらなんでも男ばかりを過剰に否定しすぎでは?

    確かに、男の快楽は、女に興奮する幸せを味わうのがメインであって、ペニスをシゴく快感はあくまで興奮を高めるためのオマケのような気もします。
    でもそれなら、オナニーでの肉体的なリアクションが女より地味だからといって、男の快感が女より劣ってる証拠にはならない。(ここ重要)
    体ではそこまで感じてなくたって、脳はものすごく興奮して感じてるのをあなたも分かってるはず。
    女のほうが何倍も気持ちいいだなんて変な勘違いしてる男は、ここが分かってないんだと思います。
    っていうか、女の肉体の快感だってせいぜい2倍ぐらいかと。7倍とか10倍とか普通に痛いだけでしょう。

    なお、最新の研究では、イク瞬間は男の方が快感が強いという結果が出てることも留意すべし。

    もう少し他の男の気持ちも考えてください。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
タイトルとURLをコピーしました