射精の快感はどんな感覚なのか?

男性のオーガズムは、射精という目に見える形があるだけに、その感覚については、気持ち良いというだけで、あまり注目されていない。インターネットで書いてあるところでは、

「射精した瞬間は強い快感が全身に走って、なんとも言えない気持ち良さを感じます。」

「射精までの時間って男にとって快感でもあると同時に我慢の時間でもあるんですよ。だから出そうな精液がなかなか出ない状態から射精して、一気に精液が出ていくと「ああ~!」ってなります。」

「オーガズムに達して射精した瞬間、男性の快感はあっという間になくなります。打ち上げ花火みたいに一瞬のうちに快楽に達し、一瞬で消えてしまいます。」

快感が短いことはよく分かるが、どう気持ち良いのかなかなか分からない。

射精の感覚も時と場合で異なるが、5分でさっと抜くオナニーの時の感覚を振り返ってみる。

(前段階−1)

Hな動画をみて気持ちを高めながら、まだそれほど硬くなっていないペニスの裏筋をやさしく擦る。裏筋の感度は高く、くすぐったいような気持ちよさを感じる。ペニスはすぐに勃起してくる。ペニスは勃起すると、感度が下がるのか、裏筋の部分は、もはやそれほど感じることもなくなる。そこで、亀頭と竿を包むように握り、しごくような上下運動に移る。物理的な刺激により勃起は維持されており、力強さのような充実感を感じるが、相変わらずペニスの感度は低く、声が出るとか、ゾクゾクするとか気持ちよさの感覚はない。ただ皮膚をこすっている感覚が続く。Hな動画を見ているので、頭は興奮しており、勃起も維持されている。もっと感じたいのに、何か厚い布で覆われているものを上から触っているように、気持ちよさは遠い。そのままこすること3分位。

(前段階−2)

むずむずと何か出そうな感覚、排尿感に近いような、くすぐったいような感じをペニスの奥に感じる。この感覚が来ると射精が近いと分かる。少し呼吸が荒くなる。この感覚を感じてから30秒以内には、出そうな感覚がこみ上げて、どんどん高まってくる。皮膚の感覚は相変わらず鈍感で、快感というほどの感覚ではない。

(移動の段階)

高まってきた出そうな感覚は、あるゲージのようなものを超えて、後戻りできない線を踏み越えたことが分かる。この感覚が、男性でいう絶頂感の始まりだろう。その瞬間は0.1秒というような一瞬のうちに起こり、「あっ、出る」とでも言いたくなる。この瞬間とほぼ同時に気持ちよさが急激に高まり、2〜3秒ほど極めて強い快感状態に浸る。この気持ちよさは、体全体がペニスになってとろけているような感覚とでも言えようか。意識は、気持ちよさのこと以外、何も考えられない状態である。この状態がずっと続くと頭がおかしくなりそうな位だ。

(放出の段階)

この2〜3秒の強烈な快感は、精液が尿道を通ってくる感覚で終わりを迎える。この排泄感の始まりも0.1秒位の瞬間で自覚され、その直後には尿道からドクドクと精液の排泄が始まる。この排泄感が始まると同時に、直前の強烈な快感は、急速に1秒もたたずに消滅していく。それと同時に、頭の中がボーとなる感覚が始まる。血圧があがり、頭がフワフワするような感覚。貧血とは違うが、意識がわずかに遠のいているような感覚である。できれば目を閉じていたいような。この、意識が遠のく状態は5秒位つづき、ゆっくりと収まっていく。そして精液の排泄が始まってから5〜10秒後には鮮明な意識が戻ってくる。この頭がボーっとする状態は、自分が世界から隔離されて、身体全体がリラックスするような快感である。

こうして振り返ってみると、射精の快感は、

(1)(移動の段階)の2〜3秒の強烈な快感と、

(2)(放出の段階)の5秒程度の意識が遠のく快感、

の2つの要素が特に強いことが分かる。

特に、最初の感覚は強烈で本当に気持ち良い。

昔の記事(女の知らない射精の感覚の秘密)で、「しょぼい射精」という、快感を伴わない射精について記載した。

しょぼい射精では、上記の2つの感覚がほとんど消失し、精液が尿道を通る感覚しか実感されない。ゲージを超える感覚があり、排泄感が来るという意味では、絶頂感はあるわけだが、射精を終えても、何か大切な感覚が失われてしまったような虚しさが残るわけである。

逆に気持ち良い射精とは何か?と考えると、先の2つの感覚がより鮮明になり深く感じられるほど気持ち良いことが分かる。

個人的な経験としては、(1)の感覚については、5〜10秒位続いたことがある。身体がとろけそうで、頭がおかしくなりそうな体験である。(2)の感覚については、1分以上続くこともあり、感覚が強すぎると意識を失いそうになる。ドライオーガズムでイク場合は、(1)の感覚だけ感じて、(2)の感覚が起こらない状態になる。そのため、(1)の感覚をより鮮明に感じることができる。

このように、射精はかなり強烈な感覚を伴う体験であるが、人によってはここまでの感覚を感じていないのではないかと思う場合も多い。立ちションのようにただ排泄している次のような動画を見ると、ただの排泄感しか感じていないのではないかと思ってしまう。腰が砕けるような快感があると、射精して走り去ることなど難しいはずなのだが。