射精の感覚は、クリトリスオーガズムと同じ?

ペニスとクリトリスは、もともと発生起源が同じです(クリトリスはペニスより100倍以上も感度が高い!?

それで、射精とクリイキは似た感覚ではないかという推測がなされます。女は、「射精は、クリイキに近いのではないか」と想像し、男も、「女がクリイキすると、射精に似た感覚を感じている」のではないかと。

 

射精の感覚について、Wikipediaに書いてあることをまとめてみます。

・性的な興奮が頂点に達する(オーガズム)と脊髄内にある射精中枢が反応し、射精反射が発生する。脳が関与できない反射のため、この段階に入ると意思の力で射精を抑えるのは困難である(つまり、射精を止めるのは困難、ということ)。

・性的な興奮が高まると、精液は精管膨大部に運ばれて行き場を失い、前立腺内で内圧が高まる(いわゆるムラムラする感覚は、前立腺が押されて起こるということ)。

・これがいわゆる射精直前の感覚である(何かゲージが高まっていくような感覚があるけど、その原因は、前立腺の圧迫のよう)。

・性交中及び自慰中にこの状態になると、快感が急に強くなってくる。この時、オーガズム寸前の陰核の快感に匹敵する(射精直前に、とても気持ち良くなる瞬間があるが、著者は、オーガズム寸前の陰核の快感と同じと言っている)。

・精液を出そうとする直前のムズムズ、ゾクゾクしたような射精管の感覚の快感は男特有である(腰の中に、ジーンとしびれる感覚が広がるが、これは男だけの感覚らしい。)

・精液が放出されている時、男性はオーガズムに達する。快感は陰核と同等か、場合によってはそれ以上となる(Wikipediaの著者は、男性のオーガズム時の快感は、女性と同様か、それ以上と提案しています。)

 

次に、一般の男女について、男女の快感を比較したアンケートの結果を見てみます。

セックスにおいて「『イク』のが、より気持ちいいのはどっち?」と男女313人にアンケートした結果がこちら。女性が気持ちいいという意見の方が多いです。

イク

男性の方が気持ちいいと答えた方の答えとして、「男性は毎回イケるから」というものが多いようです。

一方、女性の方が気持ちいいと答えた方の意見では、「立て続けに何度もイケる」「長い間気持ちいい感覚が続く」「イッた後も余韻が残る」といった、時間的な優位性が根拠となるようです。

 

男女のオーガズムについて、快感を比較したグラフが次のようになります。

オーガズム寸前のクリトリスの感覚と、射精直前の感覚は、男女で変わらないと、Wikipediaでは記載がありました。これが、上の図で、黄色の平坦期になります。

圧倒的に女性で長いことが分かります。男性は、射精する直前に、一瞬、気持ちよくなる程度ですが、女性では、喘ぐ状態が長時間続くことは、よく知られています。感覚は、近いものの、長時間続く点では、女性に軍配があがります。

また、オーガズムを減ると、男性では、快感が急降下するものの、女性では緩やかに下り、連続して次のオーガズムを迎えることも可能です。その点では、オーガズムそのものは、男女で似た感覚としても、連続でオーガズムを感じることができる点で、やはり女性が優位と言えます。

唯一、男性だけにある感覚として、精液を出そうとする直前のムズムズ、ゾクゾクしたような射精管の感覚の快感が挙げられます。射精直前に、腰の中にジーンとしびれるような感覚。これは、女性は感じることができない感覚ということですね。この痺れる感覚を伴うという点においてのみ、男性の唯一性と言えるのでしょうか。

もちろん、精液の排泄感も男性のみ感じる感覚ですが、これはオシッコが出る感覚に近いものですから、、。

 

コメント

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
タイトルとURLをコピーしました