包茎手術と快感の関係。皮オナニーと亀頭オナニー。

ノーベル賞作家、大江健三郎の「セブンティーン」には、下のような記載がある。

「おれは大人の性器の、包皮が剥けて丸裸になった赤黒いやつが嫌いだ。そして、子供の性器の青くさい植物みたいなやつも嫌いだ。剥けば剥くことができる包皮が、勃起すれば薔薇色の亀頭をゆるやかなセーターのようにくるんでいて、それをつかって、熱にとけた恥垢を潤滑油にして自涜できるような状態の性器がおれの好きな性器で、おれ自身の性器だ。」

仮性包茎から完全に剥ける状態にいたる年齢については、正確なデータがないようだが、たしかに自分の場合も、セブンティーン前後に仮性包茎から皮が剥けた状態になった。露出したばかりの亀頭は下着に擦れるだけで激痛で、歩いていても、座って姿勢を治すだけでも、亀頭のことばかりが気になった。集中したいときは皮をかぶせて、余裕がある時に剥いた状態にもどす。ようやく剥けた状態になれたのは、半年ほど続けてからだろうか。

ペニスがもともと皮を被っているということを知らない女性も多い。男の子をもった母親は、自分の息子のペニスの形が、夫の形と異なることに違和感を覚えるらしい。そもそも皮がかぶっているという概念がないため、皮を剥いて洗うことをせずに亀頭包皮炎になり、息子のオチンチンが腫れている、とびっくりして病院に駆け込むことになったりするお母さんもいるそうだ。

米国では、割礼を施された男性の割合は5割を超えるという。最近は、日本でも、割礼手術をうける子供もいるようだ。公衆トイレで幼稚園児が、完全に剥けた状態のオチンチンでオシッコをしているのに出会った。すでに亀頭は茶色に変わり、皮膚が厚くなっていた。大江健三郎の書くように 、剥けた直後の亀頭は、きれいなピンク色で、触ると敏感だ。割礼をうけると、そういう時期はなく、気づいたら丸裸の茶色い亀頭だ。

最近は、米国で、割礼が男性の性感を奪っているのではないかという議論が起こっているらしい。

ある研究では、1059人の割礼を受けなかった男性と、310人の割礼を受けた男性を比較した。亀頭部分の感受性は、割礼を受けた男性の方が性感が減少し、オーガズムが弱くなった。また、陰茎部分にも違和感を感じるという。割礼を受けた男性の中でも、思春期以前に割礼を受けた場合よりも、思春期かそれ以降に受けた場合(いわゆる包茎手術)の方が亀頭部の性感の減弱と、陰茎の違和感が強かったという。

日本では、仮性包茎の割合が半分位というが、浴場で見る限り、包茎の割合はもっと少ないのではないかと思う。仮性包茎の問題点は、衛生面だろう。仮性包茎に悩む男性に対しては、包茎手術もしばしば行われるようだが、問題点は、先の調査でもあったように、感度の低下である。 陰茎小帯(いわゆる裏筋)という、一番の性感帯がダメージを受ける可能性が高い。「包茎手術の際、包皮小帯ごと切除されたので、セックスの快感が減った」という意見もあるようだ。

そもそも裏筋がどうして気持ち良いのかは、はっきりした説明をみつけることはできなかったが、触覚に対する受容体が高密度に分布していると考えるのが一番シンプルだ。裏筋に電マを当てると射精しやすいことからも、裏筋周辺部は、触覚や振動に対する応答性が高いのであろう。

このような、触覚刺激だけでの射精は、包茎手術を受けた男性では、感覚が鈍麻して難しくなるという。つまり、割礼や包茎手術を行うと、裏筋周辺部の感覚受容体の数が減ってしまうことで、感度が下がってしまうと考えられる。

皮オナニーで射精する場合は、このような、裏筋周辺の感覚受容体の刺激によるものだと考えられる。次の方も、皮で亀頭を包み込むようにして刺激を行っている。

このような刺激方法も射精するだけならば悪くないが、亀頭オーガズムでイケるようになるには、亀頭そのものをもっとダイレクトに刺激する必要がある。

皮を完全に剝いた状態で、亀頭をしごいて、亀頭そのもので快感を感じられるようになると、射精とは違って、亀頭でイク感覚が得られるようになる。この快感は、裏筋周辺の感覚を高めて射精を導くのとは違う感覚だ。亀頭が敏感すぎると、痛くて刺激できないようだ。

次の動画は、刺激部位がやや竿よりではあるものの、亀頭そのものをゴシゴシしごくことが出来ると、射精反射を起こさずに、オーガズムを感じることができる。

ただ射精するだけならば、竿を擦ったり、裏筋周辺の圧刺激で十分だが、亀頭でオーガズムを感じられるようになるには、亀頭刺激で快感を感じられるところまで、体を開発していく必要がある。

コメント

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
タイトルとURLをコピーしました