射精は、全身痙攣オーガズムを生み出しうる 恐怖の快感

女は絶頂時に、体を痙攣させます。

私はドライオーガズムを経験する前は、エロ動画で、絶頂時に女が体を「びくっ」と痙攣させる姿を見るたびに、そのような反応が起こらない男の体を嘆きました。

男の体の中で「びくっ」とこわばるのは、ペニスだけでしょう。射精の快感は、「うっ」と声が出るその瞬間だけです。

その後、ペニスが、0.8秒刻みで痙攣して、精液が排泄されます。

余談ですが、射精の快感がどうして起こるか、男性は知っているでしょうか?

射精する直前に射精管を精液が通ることが原因だと考えられています。

そのとき「しびれる快感」が起こります。その後、0.8秒刻みの痙攣に伴って、精液が排泄されます。

しかし、精液が排泄されても、射精管が快感を生み出さない場合もあります。

このような場合は、快感を伴わないないまま、精液だけが排泄されます。ルーインド・オーガズム(ruined orgasm)とも呼ばれます。最悪の射精ですね。

それはさておき、ドライオーガズムを習得すると、絶頂時に体の収縮が起こります。

快感の波にのまれた瞬間に、体が「ぎゅっ」とこわばり、緊張が解けた瞬間に「フワッ」となります。はたからみると、体が「びくっ」と痙攣したように見えるでしょう。体がこわばる瞬間が、快感のピークです。

体が収縮している時間は、数秒でしょうか。緊張が解けると、ペニスだけでなく、体全体で0.8秒刻みの痙攣が起こり、快感が解放されます。

射精でも、全身が「びくっ」と痙攣することはあるのでしょうか?

射精でも全身の収縮(痙攣)が起こる場合があります。

亀頭でのドライオーガズムは、「亀頭部からの快感」を高めていくことで起こります。

その結果、女性が喘ぐような状態になり、射精を迎えるわけですが、そのようなプロセスを経ることで、射精でも全身の収縮と解放が起こります。「しびれる快感」が腰に強く広がってから、体が「ぎゅー」とこわばり、緊張が解けます。

その後も、体の収縮と解放が繰り返されます。これを「体の収縮運動」と呼ぶとすると、通常は数回で終わります。

しかし、あるときは、その収縮運動が2分位続きました。

正確な時間は分かりませんが、全身が2秒位収縮する、そして1秒位緊張が解ける。収縮が起こっている間は体を強く抱きしめる。そして緊張が解けた瞬間に必死で息を吸う。その繰り返しでした。不随意運動のようで、自分では痙攣を止めることはできませんでした。

はたから見ると、体が何度も、「びくっ」「びくっ」と痙攣するように見えたでしょう。

最初の1分は、収縮が強力で、息を吸うだけで必死でしたが、次の1分で徐々に収縮は弱まっていきました。ようやく体が自由になると、ひたすら息を吸って、まるで、100メートル全力疾走の後と同じ呼吸状態がしばらく続きました。

精液が排泄したことすら分からず、目は閉じたままでした。覚えているのは、抱きしめていた感覚と、緊張が解けた合間に、必死に息を吸っていたこと位です。終わった後はすごいリラックス感で、しばらく動くことはできませんでした。運動したあと、意識はすっきりしているのに体が気だるい感じです。

この現象は、その後も、時々起こりました。金縛りを経験したことがあれば、そのような状態をイメージすると良いでしょうか。そこに、呼吸困難が加わります。ある時は、このオーガズムの後、15分位、意識がもうろうとして、立つことすら出来ませんでした。泥酔した状態のようでしたが、面白いことに15分経った頃には、すっきり元の自分に戻りました!

こうした感覚は強烈ですが、自分からやりたいかと聞かれると、即答はできません。自分で制御できない痙攣が1分間も続くのは、すごい恐怖です。なんと言っても息ができないのですから。

この経験で分かったことは、全身痙攣オーガズムは恐怖ということです。AVに、全身痙攣オーガズムなどを謳うジャンルがあるが、女性はそういう状態まで求めていないかもしれませんね。

こういう体験をオーガズムというのでしたら、代々木忠「プラトニックアニマル」で記載するように、相手に自分を明け渡すことが大切なのでしょうか。

射精していないですが、ペニス+前立腺のオーガズムで失神、痙攣する動画は次の通り。

プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (幻冬舎アウトロー文庫)

プラトニック・アニマル―SEXの新しい快感基準 (幻冬舎アウトロー文庫)

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
タイトルとURLをコピーしました