女が気づいていない、男の「女の快感」への劣等感

女のオーガズムは、男のオーガズムより数倍気持ちよい」という表現をいたるところで見つける。私がその可能性に初めて思い至ったのは、「女のオナニー動画」を見た時私が中高校生であった頃は、エロ本でオナニーする時代だった。動かない裸体は、見られるだけの対象だ。しかし大学に入ってPCを手に入れ、初めてエロ動画を見た。

オナニーはもちろん毎日していたが、その時初めて、女がオナニーすることを知った。

その動画では、女が喘ぎ声をあげながら、激しく性器をこすっていた。そして「イク」という叫びから絶頂が近いことが分かった。女は身体をぶるっと震わせ、恍惚とした表情を浮かべ、体の痙攣がしばらく続いていた。

女が快感に悶える姿は、18歳まで性情報に暴露されてこなかった私には、あまりにも衝撃だった。

現在の中高生は、女のオナニー動画などスマホでいくらでも見えるだろう。しかし、私が「女のオーガズム」の存在を知ったのは、その時が初めてだった。もちろん自分のオナニーから、射精が気持ちよいことは分かっており、それが「オーガズム」と呼ばれていることは知っていた。しかし、女は男と同じ感覚を味わい、精液の代わりに愛液を出すと思い込んでいた。

女は、清楚で美しくにこやかな表情を浮かべているものと思い込んでいた私は、日常の姿からは想像できないような表情で快感にもだえる姿に、見てはいけない裏の顔を見てしまったような感情を覚えた。そして、とても興奮した。それ以来、「オナニーする女の姿」を見て、自分もオナニーするようになった。

その一方で、「女のオーガズム」を見た結果、それまでになかった感情が生まれた。自分の射精と比べてしまったのだ。画面の中の女が快感に悶える姿は、自分の射精とは全く異なっていた。

愕然とした。

確かに、射精は気持ち良いが、せいぜい「うっ」と声が出ればよい方だ。

一方、女は、喘ぎ声をあげる。女の体が、絶頂時にビクッと震えるのに対して、自分の体は何も変化もない。ペニスがむなしく痙攣するだけだ。女は、絶頂時に恍惚とした表情を浮かべているのに、それを見ている自分は、射精した瞬間ですら、冷静な表情で動画を見ているのだ。

女のオーガズムに対して芽生えた劣等感は、まず、女の快感を否定したいという無駄な努力につながった。そのような私の気持ちを癒やす文章で世の中は溢れていた。「女は、感情を外に出す生き物だから、喘いでいるだけで、別に気持ちよくない」とか「女は誰でもオーガズムを感じられるわけではない」など。しかし、心の中では信じられなかった。

多くの「女のオナニー動画」を見た。演技でないかと疑い「日常のオナニー」を集めたものや「盗撮による本当のオナニー」を称するものなどいろいろだ。確かに肉体反応が小さい女もいる。そのような女を見つけると安心したが、動画の中の女のほとんどは、私の肉体反応を上回って、快感に悶えていた。

一方で、射精も、客観的に見れば気持ちよさそうな肉体反応を伴っているかもしれないと考えた。そこで、男が射精する動画も見た。

精液の飛距離を競い合うバラエティのような動画は今でも覚えている。白線の前に一列に並んだ男は、順番にペニスをこすって射精する。男たちは表情ひとつ変えずに射精し、何事もなかったかのように、列の先頭を去る。残るのは、楽しそうにAV女優たちが笑っている声だけだ。

これらの動画から、「男の射精は、女のオーガズムよりも劣っている」ことを確信した。

女のオナニーを見ながら、画面の女が絶頂に達するタイミングに合わせて射精するオナニーの日々が始まった。

そして射精するたびに、自分の射精の快感の貧弱さを思い知らされるのだ。面白いことに、興奮して射精感がこみ上げてくる時は「今回こそ、すごい快感が来るのだ!」と期待する。

しかし、その期待は、毎回貧弱な快感で裏切られる。

もちろん、一日中「女のオーガズムへの劣等感」に囚われているわけではない。射精した直後に「賢者タイム」に入るため、性欲のことはすっぱり忘れる。しかし、しばらくすると、答えは分かっているにも関わらず「男と女の快感はどっちが強いのか」という疑問がまたも頭をもたげてくる。不治の病と診断されたのに、その現実を否定したい気分とは、このようなものなのだろうか。

そしてまた「女のオナニー動画」をみて射精し、敗北感を確認する。森岡正博「感じない男」によると「感じる女をもっと見たい。それを見ることによって、感じない私をもっと痛めつけたい」という自傷行為であるという。女のように感じることが出来ない自分が「敗北者」であることを自分に突きつけ、自傷の快感を得ているそうだが、行動はその通りだった。

全ての男が、このような劣等感に苛まれているわけではないと思う。しかし、少なくとも森岡正博は、女への敗北感を自覚しているし、巷でも「男の射精と女のオーガズムはどちらが気持ちいい?」という質問が永遠と繰り返されている。さらに「男の快感は、女の快感の7分の1だ。絶望だ」という書き込みも見かける。やはり「女のオーガズムへの劣等感」に苦しむ男性は、私以外にも意外と多いのではないだろうか。

重要なことは、大部分の女は、男が「女のオーガズム」に劣等感を感じていることに気づいていないことだろう。オナニーにAVを必要としない女は、男の射精についてパートナーとの経験しか知らない。パートナーの男も、自分と同じ快感を得ていると思いこんでいるのだろう。もっともだ。

しかし、男の劣等感は決して良い状況にはつながらない。劣等感が自己否定につながり、「快感を感じる女」への敵意にもつながる。そこまで至らなくても、セックスの最中に快感で喘いでいる女を見ても、自分に快感が伴っていないことに気が付き、興奮が醒めてします。

女の快感への劣等感に悩む男性は他にもいるようだ。ある男性は、次のように書いている

〜〜〜〜〜〜

私も女性のオーガズムに対して劣等感を持ち、頭を悩ませています。
女性の方は性的な面で自分達が優位に立っている事、男性が劣っている事、それに深く悩んでいる事についてどう思いますか?

不公平すぎませんか?女性の方は自分が女で良かったと男に対して差別的な目でみているのでしょうか?
また実際女性の方はオーガズムは強烈に気持ちいいですか?羨ましすぎて、自殺したいほどです。

本気で悩んでいます。アラサーの男です。自分には今彼女がいます。そして、過去にも彼女はいました。そうなると普通にセックスしますし、彼女を気持ちよくするため時間も雰囲気も含めて頑張ります

でも、女性達が気持ち良さそうにしている度に(演技かどうかは一先ず横に置いてください)、「俺は何でこんなに女に奉仕して快感を与えるために必死になっているのか。」「男なんて喘ぎ声も出ない、精子が出るだけで少しの快楽しかないのに惨めだ」と思い、セックスが終わったあと、賢者タイムとは別に本気で虚しくなります。もう死にたい気分になるぐらいです。

彼女の事は好きだし、大切に思ってますし、相手に気持ちよくなってもらうのは嬉しいはずなのに、男女の快感の差(見た感じとかイッた時の気持ち良さなど)の不公平差を考えると、女性へのとてつもない劣等感で押し潰されそうになります

またこの心情を拭い去りたくても、当たり前ですが男女入れ替わってセックスする事が出来ないため、想像の域を出る事が出来ず、生活している間、ふと「快楽の点で俺は劣った性別なんだ。女ばかりが気持ちいい思いして羨ましいし、虚しい」と暗い気分にばかりなります。最近は女の人を見ると(なぜか綺麗な人限定ですが)、俺は見下されているんだ、快感も美しさも全てが劣ってるんだと辛くなります。そして、彼女たちに対しても、そう思ってしまい、セックスのたびに虚しくなります。
〜〜〜〜〜

この質問に対する女性の回答も面白い。


〜〜〜〜〜
男を責める痴女と呼ばれる風俗嬢です。

セックスといえば男が女を責めて気持ちよくしてあげて…ご自分の気持ちよさはあとまわし。そんな男の人を指と言葉で責めて責めあげてとろとろにしてリフレッシュしていただく、そういうお店におります。そのために日夜、エロ本はもちろん医学書から論文などの文献も読みます。嬢の中でもお客様からレジェンドと崇められる人の話を聞きます。だから知っています。

よくセックスで女は男の何倍も気持ちいいといわれるの、科学的には否定されています。えっちでは男のほうが頻度でも強さでも快感を感じれるようにできています。

かたくなに「女のほうが気持ちいい」と言いたがる男たちがいるというのが正しいでしょう。主様はまだ自分の身体が今の「少しの快楽」の何百倍も感じれるのを知らないのです。

たいていの男は射精の快感しか知らないまま死んでいきます。無念です。本当は男も女が膣で得るオーガズムのように、いえそれよりももっと深い快感を得られるのですよ。開発されていないだけです。

どうご説明したらいいのでしょう。母の胎内では胎児の原型は女でしょう。性分化がはじまったクリトリスがペニスになって卵巣が精巣になって男になっていいきます。

だから男は乳首があるでしょう?睾丸の下から肛門にかけて蟻の門渡りと呼ばれる縫い目みたいな線があるでしょう。あれはヴァギナが閉じたなごりです。子宮の名残もあります。前立腺小室といいます。だから女の身体で起きることの多くは男の身体でも起こせます。男も潮吹きできるでしょう?

オーガズムも同じです。射精の快感はクリイキに相当し、気持ちよくなりやすい。でもすごく深く感じれるのは中イキです。

男の中イキはドライオーガズムと呼ばれています。女のほうが男よりも10倍気持ちいいのではなくクリイキ・射精よりも中イキ・ドライオーガズムのほうが100倍も気持ちいい、なのだと思うのですよね。

ただしいくつか条件が違うため、男のほうがオーガズムは深く強烈だという説も。(男が深く女が長い説)発生学的に女にオーガズムは不要なので男のほうが深くあじわえるようにできています。中イキのときに脳でモルヒネの何倍も強烈な脳内麻薬が出るのは男だけなのだそうです。

わたしたちから見ても男の人のほうがオーガズムは女よりずっと強烈で劇的です

あえぎ声も出ない?いいえ。

快感が少ない?いいえ。

たいていの男の人は中イキが始まると太ももが痙攣しはじめて自分でうまく身体を動かせなくなり、大きな声で喘ぎ、もだえ、イクときには泣き叫んだり絶叫したりします。

連続イキは自分の意思では起こせないためわたしたちが刺激し続けるかぎりイキ続けるのですよ。もうお願いおかしくなっちゃうやめてって呼吸困難になって吼えるように泣きながら必死で腰を振り続けるのも普通ですよ。

それでイッちゃった後はちゃんと歩けなくなるの…。そういうときに足をマッサージしてあげながらドライでイクってどんな感じなの?って聞くと、女の中イキといっしょの感想を教えてくれます。

だから男の中イキと女の中イキは同じものだと感じています。これは私だけでなくて、M性感にいる嬢はほとんどが同じ実感をつかんでいるコトでしょう。

射精と違って腰全体でずっと感じれて、爆発するような頭が真っ白になるような強い快感の太い柱がじわじわ腰から脳天にかけて押し込まれていくように感じるそうです。ふわふわと気持ちい空を飛んでいるみたいとか脳がしびれると言うひともいます。

ただしオーガズムは男女で同じでも、女のほうは人生で中イキしたことがない人が6,7割います。たくさんの調査をつき合わせてこの数字だからかなり現実的な数字でしょう。女はセックスでクリイキも中イキもできないのは珍しくないのです。男のほうが不平等に快感が少ないとは思えません。

わたしはドライを体感していただくお店にいますが、施術がむずかしい男の人っているのですよ。

そういう方は共通点があります。セックスについてかたくなな自分の心を自分でも認めていない方です。だから私たちのいうことを真正面から受け止めてくれないのです。人と人として向き合ってくれない。心を開いてくれないから身体も開かせられないのですよ。質問者様の心は、科学的な真実よりも、女に劣等感を持つことが好きなのかな。男尊女卑が屈折した感じがします。

〜〜〜〜〜

最終的には、女の快感への劣等感は、質問者の性癖にされてしまっている。

一方で「たいていの男は射精の快感しか知らないまま死んでいきます」と言っているように、射精がたいした快感ではないことを暗に認めている。

オーガズムの快感を知ってしまった女性は、男性から「女性みたいな快感を味わいたい」という羨望の混ざった声を聞く度に、「前立腺を開発するんだw,すごい快感らしいよ」とはぐらかす。

心の中では、女のオーガズムの方が、射精より圧倒的に気持ち良いことは言うまでもないとそっと優越感を感じながら。

 

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
タイトルとURLをコピーしました