記事一覧

女性医師の宋美玄氏は、女性のオーガズムについて医学的見地から情報を発信しています。 「女医が教える本当に気持ちが良いセックス」という本は、多くの方に読まれている ...
続きを読む
男性の方からコメントを頂いています。 「いくらなんでも男ばかりを過剰に否定しすぎでは?」 「そんなに射精を否定ばかりしないで欲しいですね。悲しくなるだけなので。 ...
続きを読む
男性のオナニーは、たいてい動画を見ながら射精するやり方がほとんどであろう。 次の動画が典型的だ。 喘ぎ声を出している女性の姿を動画で見ながら、ペニスをシコシコと ...
続きを読む
心理的興奮と性器への物理的な刺激は、筋肉の緊張を引き起こし、その解放として起こるのが「オーガズム」とされています。つまり、「オーガズム」とは、身体的な反応として ...
続きを読む
前回の記事で、女性ホルモンの投与を受けた方のオーガズムの動画を載せました。 自分でも予想外だったのは、女性の体つきになったMTFの方の射精をみると、男性の自分も ...
続きを読む
これまでの記事で、女性のオーガズムは、射精よりも快感が高い可能性について書いてきました。 女性のオーガズムは、男のオーガズムより7倍気持ち良い? 男のオーガズム ...
続きを読む
男女のオーガズムで決定的に違うのは、その長さです。 オーガズムは、これまでに身体反応に基づいて定義されてきました。代表的なのは、マスターとジョンソンの4段階モデ ...
続きを読む
最近では、男性の射精はたいした快感ではない、ということは、女性の間でも知られるようになってきました。 次のページでは、著者の女性は以下のように述べています。 男 ...
続きを読む
風俗はお金もかかるし、終わった直後は満足するものの、しばらく経つと、「無駄なことしたな〜」みたいな空虚感が強く後悔することはわかっているが、好奇心というか、衝動 ...
続きを読む
男性のオーガズムは、射精という目に見える形があるだけに、その感覚については、あまり気にされることもないようです。女性も、男性は射精すれば満足と思っているでしょう ...
続きを読む
男性にとって、女性のオーガズムが経験できないように、女性も男性の射精を経験できない。しかし、女性作家が書いた官能小説を読むと、女性が、自分の感覚をもとに射精をど ...
続きを読む
ペニスとクリトリスは、もともと発生起源が同じです(クリトリスはペニスより100倍以上も感度が高い!?)。 それで、射精とクリイキは似た感覚ではないかと推測されて ...
続きを読む
女性が男性の射精の感覚を味わえないように、男にとってもクリトリスの感覚は未知の神秘である。 ペニスの裏筋を優しく触ったり、振動を当てたりすると、気持ちよさを感じ ...
続きを読む
大江健三郎の「性的人間」では、性のさまざまな局面が取り上げられるが、特に興味深いと思ったのが痴漢についての記述である。 この作品では、痴漢の現場が描写される。 ...
続きを読む
女性の場合、電マの振動は強制的にイクようだが、指を使う場合、一心不乱に刺激する動きは、男性がしごくのよりも早いのではないかと思う。いくつか動画をピックアップした ...
続きを読む
大江健三郎の「セブンティーン」には、文学者らしく、射精の様子が生き生きと描かれている。 「次の夏までにおれの筋肉は頑丈になり、隅々まで発育し、海で女の子の眼をひ ...
続きを読む
ノーベル賞作家、大江健三郎の「セブンティーン」には、下のような記載がある。 「おれは大人の性器の、包皮が剥けて丸裸になった赤黒いやつが嫌いだ。そして、子供の性器 ...
続きを読む
女性の絶頂は、射精と違って精液が出ないので分かりにくいですが、ビクンビクン体が動く反応が顕著です。やはり振動系の刺激が一番イキやすいようです。女性のオーガズム動 ...
続きを読む
1997年のアメリカのSF映画、「ガタカ」は、お気に入りの映画作品の一つ。 このような世界が現実に迫ってきた。 中国で、世界初の、遺伝子改変された子供が誕生。 ...
続きを読む
モア・レポートという本がある。 「あなたはオーガズムを得たことがありますか?」 モア・リポート―女たちの生と性 (集英社文庫) 作者: モア・リポート班 出版社 ...
続きを読む
モア・レポートという本を知っているだろうか。 「あなたはオーガズムを得たことがありますか?」 語られることのなかった日本人の女性の性意識に迫る本だ。自分が若い学 ...
続きを読む
だいぶ前になるが、勝間和代さんが同性愛をカミングアウトとした。 www.buzzfeed.com 私にとっては、同性愛は想像できないが、関連して、別のはてなブロ ...
続きを読む
ブログというのは、匿名でフィクション程度に読んでもらうのが、書く側にとっても、読む側にとっても一番良いのではないかと思う。現実とリンクした一種の小説のようなもの ...
続きを読む
面白い記事があった。セックスレスが男性の「人生負け組」感に影響するのではないかと。   セックスレス率と「人生負け組」感の深い関係に驚き/3000人調査結果 | ...
続きを読む
セックスにおける男性の快感を高める上で、必須テクニックは射精コントロールだろう。男性だけ気持ちよくなってHが終わりになり、女性が取り残されることもない。男女共に ...
続きを読む
オーガズム瞑想(OM)については、以前の記事でも述べたが、もう一度ヨガ(マインドフルネス)との観点から振り返る。   まずOMにおける「オーガズム状態」であるが ...
続きを読む
渋谷にあるバイブバーのことを知らない人はいないだろう。 ネットでもバイブバーに行った経験談はいろいろな場所で書いてある。下の記事は面白い。 pokabe.com ...
続きを読む
TENGAヘルスケアが開発した「メンズループ」は、なんと、精子の運動状態をスマホで見えるツールだそう! www.chunichi.co.jp 最近では、不妊の原 ...
続きを読む
2011年に米国で出版された「Slow Sex: The Art and Craft of the Female orgasm(スローセックスー女性のオーガズム ...
続きを読む
「工藤まおり」さんってご存知でしょうか? TENGAと言えば、男性ならお世話になったことがある人も多いかもしれません。TENGA・irohaの広報担当の方です。 ...
続きを読む
女性には、クリイキ、中イキ、ポルチオなど豊かな快感が与えられています。それに比べて男性はどうでしょう。射精の場合、オーガズムと言っても一瞬出る感覚だけだし、何と ...
続きを読む
前の記事で考えたように、動物的なセックスとは、無意識のうちに埋め込まれた性的な規範を全て取り払って行うセックスだ。女の場合、純粋な快感から始まる。   Yaho ...
続きを読む
上野千鶴子の著書の中では、しばしば「動物的なセックス」という言葉を使われている。動物的なセックスとは何だろう? 本能に任せたセックスということだろうか?   上 ...
続きを読む
小谷野敦著「もてない男」は、エッセイという形を取りながら、思いのたけを奔放に語った奇作である。全体を通して思想的なものは見えてこないが、所々に面白い話題が散りば ...
続きを読む
女性用のAVを見ると、男性用とぜんぜん違う。何が違うのか。何と言っても、女優さんに自己投影するように作られている。女優さんが「あんあん」喘いでいるのに合わせて、 ...
続きを読む
中村うさぎの「私という病」を読んだ。上野千鶴子が書くように、女性は性的な客体であるために、「男に求められて満たされたい」という感情が必要なのだなと思った。   ...
続きを読む
女のオナニー動画の中には、しばしば鏡を使ってオナニーする者がいる。見ているのは、鏡の中の「自分の裸体」や「性器」である。男である自分は、当然、鏡を使うことはない ...
続きを読む
森岡正博の「感じない男」が、男の心理を描いたのに対して、上野千鶴子の「スカートの下の劇場」は、女の心理を描いた傑作だ。女でない私には、理解できない面も多いが、2 ...
続きを読む
射精の瞬間は、最高に気持ち良い。腰の快感が「つーん」と頭に抜けていって、頭が「ふわっ」となる。この絶頂感は、何ものにも代えがたい。それなのに絶頂は一瞬で終わって ...
続きを読む
私は、ごく普通の射精の快感は、女のオーガズムに到底及ばないと思う。何と言っても一瞬だ。そして連続でイケない。これは男なら誰もが実感していることではないだろうか。 ...
続きを読む
射精の瞬間は、最高に気持ちよい。男は、この一瞬のために生きていると言っても過言ではない。もしこの感覚がなくなることを想像したら、絶望的だ。男を虜にした射精の快感 ...
続きを読む
女は絶頂時に、体を痙攣させます。 https://dryorg.com/wp-content/uploads/2017/07/female_orgasm_1_3 ...
続きを読む
射精後の賢者タイムと倦怠感には、本当に悩ませる。これらがなくなるだけで、射精後の余韻がどれ位気持ち良いものになるだろうか。森岡正博は「感じない男」の中で、賢者タ ...
続きを読む
森岡正博は「感じない男」の中で、射精を次のように記載する。 「性的に興奮している時には、何かすごい快感の世界にいけると思っているのだが、実際に射精した後はいつも ...
続きを読む
「寸止め」が、イク直前で刺激を止めることは、男でも女でも変わらない。しかし、その役割は正反対である。 「寸止め」ほど私が嫌いなものはない。ひたすら我慢の時間だ。 ...
続きを読む
森岡正博の「感じない男」を久々に読んだ(Kindle版)。私が初めてこの本を読んだのは20代後半だった。当時、衝撃を受けた。私が、射精に対して抱いていた感情を的 ...
続きを読む
家田荘子の「セックスレスな男たち」を読んだ。20年以上も前に、男のセックスレスの問題を考えた家田荘子は、先駆的だった。本書では、30代の男のセックスレスが取り上 ...
続きを読む
「強烈な快感が体を突き抜けていく」。絶頂をこのように表現する女は多い。別のウェブサイトから転用させてもらったが、下の記述は、この感覚をよく言語化している。 膣口 ...
続きを読む
男がオナニーする時にエロ動画を見る理由を、前の記事で考察した。簡単にまとめると、男には「ペニスの触感」と「射精」という2つの感覚しかない。射精に至るまで、ペニス ...
続きを読む
なぜ男はエロ動画を見るのか。女は、オナニーする際にエロ動画を見ない。実際、私も、ドライオーガズムの際は、エロ動画を使わずに、自分の感覚に集中する。なぜ男は射精す ...
続きを読む
射精の快感はしょぼい。気持ちいいのは一瞬だ。女のオーガズムに比べれば、快感の強さも持続時間も雲泥の差だ。それほど快感が小さいのに、なぜ男はセックスしたがるのだろ ...
続きを読む
私自身、無射精でオーガズムを感じられるようになってからまだ1ヶ月位ですが、いまだに、なぜドライオーガズムが出来るようになったのかは、分かりません。私が行っている ...
続きを読む
セックス中のあえぎ声。これほど、男女の間に理解の食い違いがあるものはないだろう。まず「あえぐ」とは、どういう生物学的な現象なのか? 辞書をみると、「苦しそうにせ ...
続きを読む
「女のオーガズムは、男のオーガズムより数倍気持ちよい」という表現をいたるところで見つける。私がその可能性に初めて思い至ったのは、「女のオナニー動画」を見た時だ。 ...
続きを読む
私は、偶然ドライオーガズムを感じるようになりました。それは衝撃的な経験で、男である自己認識に大きな変革を引き起こしました。さらに数カ月後には、亀頭部だけでオーガ ...
続きを読む
私自身、射精したい時は、スマホでエロ動画をつける。エロ動画を使って射精することは男にとって当たり前でも、女にとっては理解できない。男がなぜ射精する際にエロ動画を ...
続きを読む
男は射精時に「うっ」と声を出すようだ。これはネットの書き込みを見ても、動画を見ても、自分の体験を振り返ってもその通りだ(もちろん無言で、表情すら変えずに射精する ...
続きを読む
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
タイトルとURLをコピーしました